NISAで資産形成をする前に知っておきたいポイント

NISAについて

NISA(ニーサ)とは

NISAを始めたいけど初心者の人はわからない事も多いく、不安な人は多いかと思います。
そのため、メリットとデメリットについてご紹介したいと思います。
まず、メリットとしてあげられているのが、年間120万円の非課税枠です。
非課税という事もあり、確定申告をする手間が省けます。また、非課税の運用できる期間が5年間継続されます。
5年間の期間後には新たにNISA口座を作り入れ直して、非課税のまま株を持つ事もできますが、特定口座や一般口座に移す事もできます。
辛いところは、損益通算ができない事です。
NISA以外の口座では、損益通算ができるため、確定申告をする事で税金はかかりません。
しかし、利益と差引をして帳消しにする事ができない場合、確定申告時に税金が発生してしまうデメリットがあります。
また、NISAでは、本年分の損失を控除しきれなかった場合、翌年以降に損失を繰り越して、利益から控除する事ができません。
特定口座や一般口座の場合は、確定申告をすれば、本年分の損失を三年間繰り越して控除を受けられます。
また、非課税のはずのNISAには、課税されてしまうケースがあります。
それは、ゆうちょ銀行や郵便局での配当金領収証を持参し、受け取った場合や、銀行口座で受け取る(登録配当金受領口座式)には、配当金に課税されてしまうケースです。
課税されないケースは、株式比例配分方式で証券口座で受け取るケースです。
このようにNISAには、メリットやデメリットがあります。
理解をしたうえで初めて見るのも良いかもしれません。

TOPへ戻る