NISAで資産形成をする前に知っておきたいポイント

NISAについて

>

つみたてNISAとは何か?

購入時やその他に発生される手数料とは

購入時に発生される手数料と、解約時に発生される手数料とは何かご紹介いたします。
購入時に、販売会社に支払う手数料になっており、多くの投資信託の場合の手数料は2パーセントから3パーセントが相場になっています。
しかし、ノーロードファンドと呼ばれるものがあり、投資信託の中には、販売手数料がかからないのもあります。
解約時に発生される手数料は、解約時に販売会社に支払う解約手数料がかかる場合もありますが、ない場合もあります。
投資信託の運営や管理などの手数料を、運用成績によって成功報酬型が増えていると言います。
これらの手数料で、消費税がかかるものや、かからないものがあります。
販売手数料と運営管理費用は消費税がかかります。

保有時の手数料や、売買時の手数料について

まずは、保有時の手数料についてです。
保有時にはどのような手数料がかかるのかご紹介したいと思います。
保有時には、運営管理費用(信託報酬)と監査報酬があります。
信託報酬は、投資信託において必要な管理や運営してもらうのに必要な経費になります。保有している間は支払い続けなければいけません。
監査報酬では、資金の運営資産から経費として支払われ、会計監査を行う監査法人に支払う報酬の事を言います。
お次に、売買時の手数料では、売買委託手数料と信託財産留保額があります。
売買委託手数料では、投資信託が株を売買する時に発生される手数料になります。
信託期間の途中で換金(売却)される際に発生される手数料が信託財産留保額です。


TOPへ戻る